Lenovo H320 SSD換装 Windows10アップグレード

Lenovo H320

Lenovo H320 は 2010年11月から発売されたモデルでOSがWindows7 、Core i3-550 3.2GHz 4GB RAMを搭載しています。Windows7 の延長サポートが2020年1月に終了しますので、HDDをSSDに換装してWindows10にアップグレードします。

フロントパネルをはずしたところの写真
フロントパネルをはずしたところ

後部にある3本のネジをはずすとケースのサイドカバーを外すことができます。フロントのパネルは3カ所のツメを軽く外し半回転させると外れます。

DVDドライブをはずしてSSDを仮に装着

Windows 10は上書きインストールを行いますので現状のwindwos7システム全体をSSDにコピーします。DVDドライブを取り外しSSDにSATAケーブルと電源ケーブルを仮に取り付けます。SSDは評判の良いSumsang SSD 500GB 860EVO にしました。

高度なオプションをセットします

コピーソフトは EasUS Todo Backup 11.5 を使用しました。注意しなければいけないのは、コピーの設定中「高度なオプション」を選択してSSDに最適化とセクターバイセクタクローンにチェックを入れることです。Lenovo H320 にはOEMパーテーションがあってwidows7システムのバックアップデータなどが保存されています。セクターバイセクターにチェックが入っていないと、このパーテーションをコピーする時点で異常終了してしまいます。今回はHDDから約2時間かけて500GB分のデータをSSDにコピーしました。

HDDを外してSSDを装着します

コピー終了後、本体からHDDを取り外してSSDに換装します。2.5inch-3.5inch 内蔵変換ブラケットは株式会社オウルテック社の製品を使用しました。以前自分が使用しているPCにアマゾンで売っていた激安ブラケットを使った事があったのですが、ネジ穴の位置がアバウトで、どうしても1ヶ所ネジが締められませんでした。今回使用したオウルテック社製品はそのような事はなく、ピッタリ装着できます。その後DVDドライブを取り付け、ケースも元通りに組み立てます。

SSDに換装後 PCを立ち上げてwindows 7が起動する事を確認します。お預かりしたこのPCにはUniblue SpeedUPmyPCというマルウエア(詐欺ソフト)が意図せずインストールされていたので、除去をしておきました。

現時点のWindows 10 最新版はバージョン1909 OSビルド18363.476です。メディアクリエーションツールでマイクロソフトのサイトからダウンロードしてUSBメモリにセットした物を使用しました。

windows7が起動した後、USBメモリーからsetup.exeを実行してwindows10 上書きイントールを行います。今回は特に問題なくwindows 10にアップグレードできました。その後Windows UPdateを行い、さらに今回はSSD内パーティーションの容量調整が必要でしたので、その作業を行ってからお客様へ納品しました。お客様宅ではログイン時にLenovo純正PS2 keyboadから入力できないトラブルがありましたが、ドライバをLenovoのサイトからダウンロードして解決です。

10年近く前のPCですがSSD化の効用で起動時間も短くなりました。WebブラウジングやExcel、 word等の操作も問題なく快適に使用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です